治療について

歯周病

初期の段階では自覚症状などなく進んでいくので発見が遅くなりやすい病気です。

歯周病治療について

歯周病(日本人の約80%以上がかかっていると言われている病気です。初期の段階では自覚症状などなく進んでいくので発見が遅くなりやすく、また様々な全身疾患と深いかかわりを持っている恐ろしい病気です。)

当院の歯周病治療においてはまずお口の中のレントゲンを撮らせていただいた後、患者様の歯を一本一本歯周病の状態がどのようになっているのか丁寧に調べさせていただき図のようなチェックシート「デンタル10」を患者様ひとりひとり個別にお渡しして病状などを説明させていただくところから始まります。

歯周組織軟組織の保存修復(歯肉炎、歯周炎の治療)

まず、歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深度計測、レントゲンを撮影、その他治療に必要な検査を行ないます

その後歯周病の状態について担当衛生士、担当医からご説明させていただき、治療やホームケア、そして今後のことなど様々な角度から患者様一人一人に合うような治療法など提案させていただきその後患者様にあった方法で相談の上治療にあたらせていただきます。 主に歯周病を悪化させる歯垢や歯石の除去を行いさらにその後機械的歯面清掃を行い再度歯垢や歯石が着きづらくなるようにトリートメントさせていただきます。

 

重度の歯周病の場合の歯周組織再生療法(エムドゲイン)

歯周病治療の成功は患者様のご理解とご協力が不可欠です。まさに患者様と我々の2人3脚の治療です。また当院では歯周組織再生療法を取り入れております。これは歯周病により失われた歯の周りの組織(骨や歯周軟組織)をエムドゲインと言うお薬を使って再生させ歯を抜かずなるべく保存しよういうものです。

軽度または歯周組織の崩壊が顕著でない歯周病の場合、歯の周りや歯ぐきを意識した歯みがきをしていくことと歯垢の除去、歯石の除去などを定期的に行なうことで症状の進行を抑え、状態を改善していくことができますが、中度〜重度に進行してしまった歯周病に関しては外科手術が必要になるケースもあります。しかし一度失われた骨や歯周軟組織は通常の外科手術では戻りません。そこで開発されたのがこの治療薬です。

まず患部を洗浄消毒後徹底的に歯石除去、不良な病巣軟組織を除去します。 その後特殊な溶液でさらに洗浄後エムドゲインゲルを患部に注意深く塗布します。そして患部を元の状態に戻しエムドゲインゲルを患部にとどまらせる様に縫合します。 術後は数週間こちらでフォローアップさせていただきまた術後は専用ブラシなどでお手入れもしていただきます。

歯周病によって失われた歯の周囲に骨が再生され、健康な歯周組織に再生するまでには数ヶ月から1年程度の時間がかかります。自身の歯を抜かずに治療を進めていくことができるのが最大の利点と言えるでしょう。しかし患者様の全身の健康状態、歯周病の状態、罹患部位によっても効果に違いがあり、すべてに適用できるものではありません。詳しくは当院担当歯科医師、または担当衛生士にお尋ねください。